実は必要とされてなかったのかな…落ち込む。

昨今、がっかりすることがあった(>_<)。 数ヶ月前に遠路異性インナーの女房が課題を立ち上げて、その時に、離れてても販売を手伝ってもらえないかって提案されていて。 でも、数ヶ月たってもわたくしはちっとも販売らしき販売を貰えなくて、わずか2つの販売だけ。 しかも直ぐ終わっちゃう感じ…。 提案されたきりそれほどフロントへすすむようなはなしももらえてなくて、「編制が落ち着くまで(私の販売のことは)待ってね」って言われたりもしていたんだけどそのあいだ女房はオフィスに割り当てで起用してる婦人と順調に仕事しているように思えて…。 不安な感覚がしだいにつのって、昨今ついつい大きくなって感覚が沈んだから、おそるおそる女房に聞いたら、 「こなせる販売はふってる腹積もり。目算にいつ応えられるかわからないから先ずなかったことにして。」 って、言われた。 なかったことにしてって、なんなんだろう…。 自分から提案してきてくれたのに。 提案されてたから、思惑にしていた面だって残る。 どうしても可否つけられたみたいで、人間を事態皆無って言われているみたいで。 悲しかった。 多分相手方が女房とかじゃなくてもおんなじ気持ちになってたよ、わたくし(>_<) 提案してくれなきゃよかったのに。とか想う。 女房と普通に会話したりしたくなくなって、ちょっと独りきりでいたいような気持ちになったし、 こうした話したからギクシャクだし。 うまくいかないな。 なんか、相手方の陳述をどこまで信じたら良いんだろうみたいな感覚と、自分自身にバリューが見出せなくなる。 ビール飲んで、忘れよう(>_<)。脱毛ラボ 部位