店舗の丈夫検査でいつもながら困ってしまった対談

この間、ショップのタフ見立てで血見立てがあったのですがあたいはナースさん泣かせの血管をしているので血管を捜すのにさんざっぱら時間がかかります。今まで何度か血を取り去る機会がありましたが、一発で粛々と針をさせたヒトはいません。大抵は左腕をみて、「ごめんね、右手も見せてくれるかな」と言われます。それから、表皮をこすってあっためるナースさんがほとんどです。もうこのプロセスにも何とも慣れたので、いやに思いませんが今回のナースさんは素人だったのか、ベテランのヒトを呼ばれるしまつでした。そのベテランのかたも、これは難しいと苦戦していたので何故か負い目になってしまいました。ショップのヒトには笑われるし恥ずかしかっただ。必ずやこの先も何度か、注射を始めるきかいがあるとおもいます。以前、一発で楽に注射をするようなナースさんに巡り合ってみたいと思います。もしも巡り逢えたら、その人に今までのことを話して褒めたたえたいなと思います。http://www.f-deli.com/